オーバーチュアモニターについて

自動車に乗っている限り、いつどこで事故に巻き込まれるかわかりません。ですから、万が一の時に備えて任意保険などの自動車保険に加入するのは、運転する者の義務であるともいえるでしょう。けれども、中には任意保険どころか強制保険である自賠責保険にさえ加入せずに車の運転をしている人もいます。

もし、事故を起こした加害者の車が自動車保険に入っていなかったとしたら?もしあなたがひき逃げ事故にあってしまったら?一体誰が損害賠償金を支払ってくれるのでしょうか?同様に盗難車両による事故の場合も保険による損害賠償を受けることができないのです。

このような事態に陥ったとき、被害者であるあなたは泣き寝入りしなければならないのでしょうか?
そんな時に思い出していただきたいのがこの「overturemonitor(オーバーチュアーモニター)自動車保険」です。overturemonitor自動車保険とは正式名称を「自動車損害賠償保障法に基づく政府保証事業」といいます。簡単にいえば、政府が、支払いのできない加害者に代わって自賠責保険の支払い基準の補償額を被害者に支払ってくれるという制度です。

overturemonitor自動車保険の請求手続きは、基本的に責任共済の窓口で行うことができます。損害保険会社がoerturemonitorの業務の一部を政府から受託して行っているため、責任共済の窓口でその手続きができるのです。ただし保険請求は、事故発生から2年以内に行わなければ期限切れとなり請求出来なくなってしまいますので注意してください。