任意保険の種類

車を所有したとき、必ず加入しなければならないのが「自賠責保険」ですが、自賠責保険だけでは補償できない部分を補う保険として「任意保険」があります。
任意保険では、
・人に対する保険
・モノに対する保険
・その他特約
などがあります。以下に具体的に説明していきます。

【対人賠償保険】
自動車事故において、通行人や相手の車の同乗者などにケガを負わせたり死亡させたりした場合の保険です。自賠責保険で支払われる金額を超えた部分を補償します。基本的には自分や同乗者を保障するものではなく、搭乗者傷害保険などと組み合わせて加入します。

【対物賠償保険】
自動車事故においてモノに対する損害賠償責任を負ったとき支払われる保険です。ここでいう"モノ"とは、建物や家屋、ガードレール、車、自転車、ペットなどをいいます。また、車を壊した際の代車代などの間接費用も含みます。

【搭乗者傷害保険】
自動車事故において運転者および同乗者が死傷した場合に支払われる保険です。

【自損事故保険】
自動車事故において、自損事故または相手がいる場合でも100%こちらに過失があり、自賠責保険の対象とならない場合で、運転者や同乗者が死傷した際の保険金が支払われます。

【無保険車傷害保険】
自動車事故において、相手の車が保険に加入しておらず十分な補償を受けられない場合に保険金が支払われるものです。

【車両保険】
保険に加入している車が接触事故などで損害を受けたとき、その修理代などが保険金で支払われます。大抵の場合に該当する「一般車両保険」のほか、「エコノミー」「A特約」など補償範囲が限定された車両保険があります。