家族が乗る場合は保険対象になる?

自動車保険に加入している契約者以外の人、特に家族が共有して車を使う場合は往々にしてあるでしょう。そういう場合、契約者以外の家族でも自動車保険は適用になるのでしょうか?
その場合、以下のような特約を保険本体につけていれば適用となりますので参考にしてみてください。

【運転者家族限定特約】
運転者家族限定特約とは、保険の契約者以外の人が運転する場合、保険証券に明記されている被保険者とその同居の親族などに限定することで、家族が事故を起こした場合も保険が適用になるという特約です。 ただし、家族限定にすると臨時運転者特約はつけられないので注意してください。

【臨時運転者特約】
臨時運転者特約とは、保険証券に明記されている被保険者および被保険者の同居の親族以外の人が、車を運転していた場合に起きた事故であっても保険が適用される特約です。 このとき運転していた人の年齢制限は保険本体の年齢制限とは関係ありません。

【子供特約】
子供特約とは、通常保険本体の契約条件に入っている年齢制限とは無関係に、契約者の実子に限っては、子供の年齢に合わせて保険が適用になるという特約です。
たとえば、契約者が50歳で年齢制限を35歳以上とし、保険料を割安に設定しているとします。その場合、通常18歳の子供がその車に乗って事故を起こした時は、35歳以上という年齢に合致しないので保険適用外となりますが、子供特約なら子供の年齢が35歳以上でなくても保険が適用されるということです。

以上、契約者の家族が共有して車に乗る際には、こういう特約がつけられるかどうか確認して自動車保険を選ぶ必要があるでしょう。