自動車事故を起こしてしまったときは?

自動車事故というのは車に乗っている限りいつどこで起こるかわかりません。たとえ自分が安全運転をしていたとしても、交通事故に巻き込まれてしまう場合もあるのです。

もし、交通事故を起こしてしまったら、まず何をすればいいのでしょうか?気が動転して慌ててしまうことのないように、日頃から事故を起こしてしまった場合の対処法を知っておくことが大切です。あってはならないことですが、もし事故を起こしてしまった場合は、まず気をしっかり持って、落ちついて以下のことを行ってください。

1.車を安全なところに止め、事故によってケガ人の有無を確認する。
車を安全な場所にとめ、ケガ人などがいたら安全な場所に移動させます。道路上のものは脇へどかして2次被害を防ぎます。

2.(重症のケガ人がいた場合)救急車をよぶ
重症の人がいた場合は救急車をよびます。そのとき、無理にケガ人を動かさないようにしましょう。

3.警察に連絡する
簡単に示談ですませようとせず、取りあえず警察に連絡し、"事故証明書"を貰うようにしてください。

4.相手方の氏名や連絡先の確認
自分が加害者の場合、相手の方が大丈夫なようでも、氏名と連絡先は確認しておくようにしましょう。また、自分が被害者の場合は、加害者側の車のナンバーや自賠責証明書の証書番号・会社名などを確認してください。住所や氏名は必ず免許証で確認しましょう。

5.保険会社へ連絡
自分が契約している自動車保険の会社へ連絡し、この後どうすればいいのか指示をあおぎましょう。

6.目撃者の確認
示談ですまなかった場合、目撃者がいれば証言を依頼することができます。