自賠責保険と任意保険

自動車保険には大きく分けて「自賠責保険」「任意保険」の2つがあります。自賠責保険というのは法律によって加入が義務付けられているいわば強制保険です。もし、自賠責保険に加入せず運転していた場合は、6ヶ月以上の懲役または5万円以下の罰金、免許停止処分となります。大抵は車を購入したときや車検のときに一緒に支払うようになっています。支払われる金額の上限が決まっていて、傷害の場合が120万円、死亡の場合は3000万円、重度障害に対しては4000万円となっています。自賠責保険というのは、交通事故による被害者の最低限の補償を確保するための保険ですから、人身事故にしか適用されません。物損事故の場合には保険金は支払われないのです。もちろん、車の修理代などは出ないわけです。

ですから、自賠責保険だけでは補いきれない部分を補償するために 、通常、自賠責保険とは別に「任意保険」というものに加入します。統計によれば、対人賠償事故のうち2件に1件は自賠責保険の補償額では足りず、任意保険の支払いが必要な事故であるということですので、任意保険は是非加入しておいておきたい自動車保険なのです。
任意保険の種類については、別項(任意保険の種類)で詳しく説明しますが、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」「車両保険」「人身傷害補償保険」などがあります。