直販店?代理店?選び方

自動車保険というのは、万が一のときの事故に備えて、事故時のリスクを保険金で保障するためのものです。ですから、支払う保険料が安いとうことは、自動車保険を選ぶ上での比較項目の一つにはなるでしょうが、それが絶対ではありませんね。
自動車保険で大切なのは、万一事故を起こしてしまったときに、どれだけ保険会社が丁寧な応対、適切な処理をしてくれるかというとではないでしょうか?

そういう観点から見た場合、やはり代理店というのは心強いものがあると思います。もし、身近に信頼のできる保険代理店がある場合は、そこに自動車保険もお任せしたほうが色々悩まずにすむかもしれません。自動車保険の知識がまったくない場合は、やはりいざという時に頼りになって事故後の処理・対応が丁寧なところを選んだほうがよいでしょう。ただし、その分保険料は高くなってしまいます。

その点、今流行の外資系、インターネット系の自動車保険なら加入もカンタン、保険料も安くおさえることができるでしょう。CMなどでもお馴染み、●●ダイレクトとよばれる保険会社ですね。ダイレクト、つまり直販店という意味です。直販店ですから代理店を通さない分保険料は安くてすみます。
ある程度自動車保険に関する知識のある方なら、このようなネット系の直販店から自動車保険を選んで保険料を安く仕上げることも、選び方の一つであるでしょう。直販店だから事故後の対応がなってない、ということには必ずしもならないわけですから。