運転免許証の更新について

運転免許証は、バイクや自動車を運転する際に携帯しなくてはいけない証明書です。運転をする際、所持することが義務付けられています。


自動車運転免許証の更新手続き
自動車免許証の更新は、自動車を運転する・しないに関わらず、必ず更新が必要になります。更新手続きには「有効期間満了年の誕生日 1ヶ月前から誕生日の1ヶ月後」に手続きを行うことができます。
※満了日が土・日・祝日だった場合はその翌日まで有効


免許証を所得してから1度目の更新から3年後の更新までの期間に無事故・無違反であった場合は、次の免許証の更新は5年後となります。この期間に、交通違反や事故などを起こした際は3年後の更新になります。


運転免許証の色
運転免許証の色は、「ゴールド、青(ブルー)、緑(グリーン)」の3種類があります。
この運転免許証の色により自動車任意保険のリスク細分化自動車保険の適用により、支払う保険料に違いが出るようになっています。


緑色(グリーン)の運転免許証
最初に運転免許証を取得した場合に交付されるのが「グリーン免許(緑免許)」です。取得後、3年間は免許証の有効期限欄がグリーンです。次の更新で「ブルー免許」になります。
※更新期限までに上位免許を取得した場合は、3年を待たずに、「ブルー免許」が交付されます


青色(ブルー)の運転免許証
最初に取得した「グリーン免許」から、最初の更新で「ブルー免許(青免許)」になります。ブルー免許には、「一般運転者・違反運転者・初回更新者」の3つ区分されます。
※運転免許書には、「運転区分・講習区分」があり、この区分によって、運転免許証の有効期間や更新手数料、講習時間などが決まってきます。


金色(ゴールド)の運転免許証
ゴールド免許は、運転免許証の有効期間が満了する日の前5年間を無事故・無違反で過ごされた方に交付される、有効期間部分がゴールド(金色)になった運転免許証です。

ゴールド免許になったからと言って、交通違反や事故を起こしてしまったら、次回の更新時にブルー免許に逆戻りになります。(次回、更新日まではゴールド免許のままです)


このように、運転免許証の色によって、任意自動車保険の保険料に違いが出てくるため、なるべく多くの自動車保険の見積りをされると自分の条件に合った、自動車保険を選ぶことができます。各社、自動車保険の見積りには自動車保険一括見積もりが大変、便利です。