自動車保険適用されないパンク修理

自動車を走行中、もしくは停車中に突然タイヤがパンクすることがあります。自動車保険でのタイヤの扱いは備品となります。本来は、タイヤの溝(スリップサイン)や付着物の点検をドライバーが自身が行い、走行中の摩耗などで消耗してしまったタイヤを定期的に交換する必要があります。


ところが、それでも突然パンクしてしまうことがあります、この場合、通常、自動車保険を使ってタイヤの交換に関する費用を適用することはできません。ただ、保険会社によっては、ロードサービスにより、スペアタイヤの交換作業や、レッカー移動などのサービスを受けることができます。


ロードサービスの内容についてはトラブル・故障などのサービスによってはパンク修理やタイヤ購入にかかる費用が補償される場合もあるようです。※上限あり


充実したロードサービスを重視する場合は、この辺のことも自動車保険一括見積もりで確認してみてはいかがでしょうか?