刑事責任・行政責任・民事責任

自動車事故や人身事故、交通違反などを起こした場合は加害者側には、民事、刑事、行政の3つの責任が課せられます。


民事責任
民事責任とは、交通事故で、通行人や対向車の搭乗者がケガをした、相手側の車や物が破損してしまったなど、被害者に与えた損害を賠償しなくてはならないという責任のことで、具体的に賠償する損害とは「治療費や通院費、被害者側の収入を失ったことにより損害、事故による精神的な苦痛などといった慰謝料も含まれます。また、この賠償による保険金は加害者側と被害者側で過失割合により違いがあります。


刑事責任
人身事故など大きな事故の際、加害者側が罰金や賠償金などの支払義務を怠るなどした場合は刑事責任が課せられます。また、悪質な交通違反(酒酔い運転、無免許運転)が伴う場合の交通事故については、犯罪と合併されて罪が重くなります。


行政責任
事故を起こした当事者が考案委員会より運転免許の取り消しや停止など、処分が課せられます。被害者のいない軽微な交通違反の場合反則金の支払いと点数減点による処分が課せられます。過去3年間の交通違反に対して定められた点数が減点されいき、違反点数が一定の基準に達すると処分の対象となります。