交通事故では健康保険は使える?

交通事故に遭われて、身体にケガをされてしまった場合、病院によっては国民健康保険(社会保険)を使えないなどと、断られることもあるのですが、実は、交通事故の場合は、自由診療でもいいことになっているためです。


具体的には、自由診療(自賠責保険)と健康保険を適用させた場合とでは診療報酬基準に違いがあり、健康保険を適用させてしまうと病院側の利益が少なくなってしまうという理由になりますが健保治療を受けることができますので、ご安心下さい。
 

加害者側の経済的理由等により治療ができなくなることを防ぐため、国保や後期高齢者医療(長寿医療)の「保険証」を使って治療を受けることができます。


加害者側が自動車任意保険に加入さえしていれば、自分の国民健康保険(社会保険)を使わずに済みますので、気にすることもなくなるでしょう。
※但し、仕事中での業務中の事故や通勤途中の交通事故であれば労災保険を使うことになります。

問題になってくるのは、加害者側が自賠責保険にしか加入していない場合です。(自賠責保険は通常、車の購入時に強制的に車体価格の中に入っています)そうなると、自賠責保険では治療費の支払限度額の120万円をオーバーした場合に、加害者側が自腹で支払うことになります。

また、過失割合によっては、例え大ケガをされても、自己負担分が発生することもあります。損害の請求も発生することが予想される場合は状況に応じて国民健康保険を使う、使わないを検討されるとよいでしょう。もし、国民健康保険を使う予定でしたら、契約している自動車保険会社に相談するのも良い手ですね。会社の損失を考えれば動いてもらえるはずです。

国民健康保険を使うのか、自由診療なのかは、被保険者である患者が決めることになりますので、病院側の言いなりになる必要もありません。ただ、自分にも過失割合から非がある場合は、後の高額な治療費お自己負担することにもなりかねないので、健康保険(社会保険)を使った方が自己負担も少なくて済みます。

このことから、自身の過失が大きい場合や単独事故の場合は、なるべく国民健康保険で賄うように手続きを進めていくことをお薦めします。