免責ゼロ特約について

免責ゼロ特約とは
車両保険には、車両が破損してしまった事故の際に、損害額の何割かを自動車保険で支払い、残り何割かを自己負担にするといった取り決めがあります。車両保険に免責(損害額から免責金額を差し引いた保険料を差し引いて保険金を支払う)がある場合にでも、車対車の事故の時だけ、免責ゼロにします、という特約になります。
 

車対車の事故の場合は、相手の過失割合分は相手からもらうことになります。この時に免責ゼロ特約を付けていなくても相手からもらえる修理代金が免責金額を上回っていれば免責はないことになり、契約者の負担はありません。


車両保険の免責
免責
相手にも過失がある場合には、相手から支払われる場合もある
基本的には自己負担と認識しておいた方が無難。
自動車保険のパンフレットなどを参考にするとよい。


免責ゼロ特約
※車対車であることが条件
※相手が分かっていること
一年間の契約期間のうち、一回目の事故だけ適用される特約。
全額、保険金が支払われます。
(←1年契約の1回だけ)


免責より相手からもらう修理代金が少ない場合は保険を使って翌年には保険料が上がり、さらに自己負担まであるので厳しい状態になります。免責ゼロ特約を付帯しておけば、その分掛け金も高くなりますが、損失の全額を支給してもらえます。

免責ゼロ特約は、車対人では適用されません
1等級から6等級の方は免責ゼロ特約の加入ができません