【自動車保険】等級維持について

【重要】等級の維持について
自動車任意保険の等級は、現在契約している保険会社から他社へ乗り換えをする時には、等級をそのまま引き継ぐことができます。


ここで、注意しなければいけないことは、7等級以上である場合に満期更改の期限から一定期間を過ぎると、長年かけて上げていた等級が新規加入と同じ6等級からになってしまい、これまでの割引きが適用されなくなってしまします。


一定期間内に自動車保険の更新を行わないと6等級に戻ってしまうので、自動車保険の更新は忘れないように気をつけましょう。


また、5等級以下の下がってしまった等級の場合は、そのまま引き継がれます。保険会社を変更しても、すぐに6等級に戻ることはありません。13ヶ月間、記録が残るため、この期間に新規で加入しても、そのまま等級が継続されることになります。

等級が下がって翌年以降も、引き続き車に乗る場合は、無事故で優良運転を目指して一年ずつ更新を繰り返し、等級を元に戻していくしかありません。


保険の中断による等級の引き継ぎ
自動車保険の契約中に車に乗らない時期(自動車保険を契約しない時期)があっても自動車保険会社に中断証明書を発行してもらうことで、次に自動車保険の更改をするときに等級を引き継ぐことができます。


中断証明書の発行には、一定の条件があります。以前の保険を解約してから5年以内に手続きが必要でしたり、もちろん、等級は7等級以上ということになります。そして、新しい車が以前の契約と同じ用途・車種であることなどが条件となります。


一時的に乗らなくなる予定(海外赴任など)があれば、中断証明書の発行の手続きを忘れずになされると良いでしょう。また、中断期間は各自動車保険会社によって違いがありますので確認することも忘れずに。おおよその期間は10年となっています。