車を買い替える際の自動車保険

車を新しく買い替える際は、まず自動車保険会社の買い替えの手続きを行わなければなりません。自動車保険の満期の時期に合わせる必要はありません。
車を買い替える際は必ず、納車前に自動車保険会社に申請を出して手続きを済ませておく必要があります。


なぜなら、自動車保険の契約対象になっているのは、あくまでも加入時の車となります。通常個人の新車の買い替え時には、「入替担保特約」で承認請求が通ることになりますが、この時に通知義務に従って、自動車保険会社に通知を忘れていたり、怠ることがあれば、もし?なにか交通事故などのトラブルがあった場合、保険金が支払われないこともあります。


また、保険の見直しですが、車を買い替えた場合は旧契約の車両保険の金額変更がある場合など、購入される車種や保険料の算出基準に従って変更になったりします。もちろん、各種割引きで安くなることも考えられますので、残りの保険期間に相当する保険料を精算することになります。


ですが、被保険車両の車種が旧契約の車種と大きく違っていたり用途もちがったりすれば、保険の引き継ぎができない場合もあります。


引継ぎができない場合は最初の加入時と同じ6等級からスタートになりますので、一度、契約を解約して新規での加入となります。
※ファミリーカーからキャンピングカーに買い替える場合も等級は引き継がれます。