自動車保険の等級について

ノンフリート等級について
任意自動車保険の「等級」とは、正式名称で「ノンフリート等級」といいます。このノンフリート等級とは、等級の段級により自動車事故を起こした回数や、自動車保険加入歴や年齢によって各自動車保険会社で若干の違いはありますが、これらをもとに数値が割り出され、支払う保険料が変わっていきます。


等級が上がる場合
無事故で数値が上がっていけば支払う保険料の割引きも大きくなって保険料を少なく抑えることができます。この等級は、1から20段階まであります。最初に自動車保険加入時には、6等級から始まる仕組みになっています。


1年間、無事故で過ごすことができれば等級が1つずつ上がっていきます。この等級の数値が上るほど(数値が大きくなれば)支払う保険料の割引き率が大きくなります。等級は最大で20等級まで上げることができます。


18等級以上で保険料は60%も割引きが適用されることになりますが、この18等級までになるには、無事故で単純計算すると最低でも12年ほどかかる計算になります。

等級 割引き率
20等級 -60%
19等級 -60%
18等級 -60%
17等級 -58%
16等級 -58%
15等級 -55%
14等級 -55%
13等級 -50%
12等級 -50%
11等級 -45%
10等級 -40%
9等級 -40%
8等級 -30%
7等級 -20%
6等級 -10%(初期値)
5等級 -10%
4等級 0%
3等級 20%
2等級 30%
1等級 50%



等級が下がる場合
事故を起こし、自動車保険を適用すたびに、等級は3等級ずつ下がっていきます。
等級が下がるということは、3等級以下で支払う保険料が割増しになり、急激に保険料が高くなってしまいますので極力、事故を起こさないように安全運転を心がけましょう。


等級を下げないようにするには、軽い自損事故の場合など、損害額が10万円を超えない範囲(怪我、治療費、修理費、破損した物品の買い替え、廃棄処分費用など)であれば、自動車保険を使わずに、自腹で精算した方が得である場合があります。


等級の降格によって後々の保険料の方が上回ってしまう場合がありますので、実際に事故が起こったときに契約している自動車保険会社へ相談されてみるのもよいかと思います。


また、等級が下がったことにより、自動車保険会社を乗り換えたとしても、等級は下がったまま引き継がれます。(他の自動車保険会社に乗り換えることで等級がリセットされるわけではない)ので、ご注意下さい。
※等級が下がりますと、自動車保険自体に加入(契約)が厳しくなる場合もあります。