家族・配偶者特約について

家族限定特約について
運転者をを記名被保険者、その家族(同居の家族)や配偶者、別居の未婚の子に限定することによって、保険料が割り引かれます。実際に、個人で所有されている車は、自分とご家族以外は運転しないことが、ほとんど当てはまるのではないでしょうか?


この『家族限定特約』は、該当しやすい割引き特約のひとつとなります。多くのドライバーに当てはまるので、保険料を安くしたい場合、該当すれば是非とも、付帯しておいて損がない特約となります。


適用される家族の範囲は、契約者本人、その配偶者、同居中の親族、別居中の未婚のお子さんまでとなっています。家族と配偶者しか運転できません。
したがって、家族限定特約を付帯した場合は、家族・配偶者以外の人は絶対に運転させてはいけません。


家族でない方が運転して車両事故に遭われた場合、不担保扱いになります。保険金は一切、支払われないので注意が必要です。
家族限定特約を付帯された場合は、親戚、知人、友人、会社の同僚や部下・上司など、つい、ちょっとだけ運転してもらうこともあるかと思いますが、この特約については、家族以外の方に運転させないようにする注意が必要です。

 


例外として保険金が支払われるケース

・被保険車両が盗難にあったときから発見されるまでの間に、その車両について生じた事故や損害
・自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業、運転代行業など、自動車使用・管理している間に(そこの従業員などによって)被保険車両に起こった対人事故や対物事故


いずれにせよ、自動車保険一括見積もりなど利用して、保険料がどれだけ安くなるのか、簡単に判断できますので、該当しやすい特約ですから、一度、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】臨時運転者特約とは?
【関連記事】自動車保険の年齢条件