【注意】自動車保険の年齢条件

年齢条件の更新は任意で行われます。年齢条件とは、◯歳未満のドライバーが保険の対象に当てはまらないというもので、契約の時に設定した、この年齢条件が高いほど支払う保険料が安くすることができます。
 

自動車保険の年齢条件設定は、特に若年層を意識することがポイントです。なぜなら、車を貸したときに例えば友人であれば、違う自動車保険の他車運転危険担保保険特約を活用して友人の保険を使える可能性があります。

ところが、兄弟姉妹間での車の貸し借りというのは、ありがちですが、この時に年齢条件が契約した年齢条件に当てはまらなければ保険金は一切、支払われませんので注意が必要です。


子供特約について
『子供特約』を付帯すると、年齢条件を30歳以上の補償にしたままで、30歳に満たない自分の子供を対象とすることが可能になります。子供の範囲は「同居の子供」「別居の未婚の子供」となります。

また、補償の対象である子供が、その友人に車を運転してもらう、などという事もありがちですが、その場合は当然、保険は適用されませんので、子供特約を利用する場合には、十分に子供に「子供特約の補償の範囲」を伝えておかなければいけません。

この辺りは、自動車保険会社によって違いがあるため十分に理解してからの加入をお薦めします。
 

主な年齢条件の区分

全年齢担保

21歳以上補償

26歳以上補償

30歳以上補償

35歳以上補償

中には、これよりもっと細かい区分になっている自動車保険もあるので加入前に事前チェックが必要です。逆に、21歳、26歳、30歳、35歳と運転される年齢が上がってきましたら、誕生日ごとに直ぐに自動車保険の更新手続きをされると、保険料の支払い部分では、お得です。
 

【関連記事】臨時運転者特約とは?