人身傷害補償保険と後遺症

人身傷害補償保険は、自動車保険に加入する際に必ず確認しておきたいサービスの一つで、ドライバーや、その同乗者が負傷した場合、対象の項目の金額を補償するというものです。

 

補償の範囲はケガによる治療費の実費、働けない間の収入、精神障害、後遺症障害が出てしまった場合も、幅広く補償してくれるのが特徴です。

 

また、保険金の受け取りは、示談交渉の終了を待たずに受け取れるので、後遺症障害がでてしまった場合でも介護料や休業損害での損失も直ぐに対応してくれるので大変、心強いものとなります。

 

単にケガの治療費の補填だけではなく、自動車に搭乗中やご家族の歩行中の事故などを幅広く補償する『人身事故補償保険』は、ご自身のだけではなく、家族のための補償にもなります。

 

死亡された場合の損害額は年齢や扶養家族の有無によっても違いがあります。さらに、人身傷害事故により所定の重度後遺障害に該当した場合の保険金額は約2倍にもなり、とても個人で補償できる額ではないことは明らかです。

 

近年では、自動車保険の一括見積もりなどコストが抑えられた商品もたくさんあります。
各社の価格競争で保険料がグンと安くなっている傾向にありますので、この辺りの自動車保険の要となる『人身傷害補償保険』の付帯をお薦めします。

 

搭乗者保険よりは割高な保険になりますが、自動車保険一括見積もりで人身傷害補償保険を付帯したとしても、割引き特典を考慮すれば、それほど負担は大きくないはずです。

 

その分、カバーできる補償範囲が広がれば安心であることは間違いないですね。自動車事故では重度の後遺障害など個人ではとても対応しきれないので是非とも、「もしも」の時のために人身傷害補償保険の加入をお薦めいたします。

【関連記事】人身傷害保険の補償内容とは?