人身傷害保険の補償内容とは?

人身傷害保険とは
『人身傷害保険』とは、契約車両に乗っている時だけではなく、記名被保険者とその家族は契約車両以外の車に乗っているとき、歩行中の自動車事故など、全ての自動車事故に対してケガの治療費や休業損害、ご家族の扶養に必要なお金の保障を受けられる保険です。


搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い
似ている保険ですが、人身傷害保険と、搭乗者傷害保険では、
補償の対象と補償内容に違いがあります。

  人身傷害保険 搭乗者傷害保険
補償の対象 契約車両に搭乗中に死亡・ケガをされたとき、記名被保険者とその家族は、他人の車に搭乗、歩行中の自動車事故も補償の対象になります。 補償の対象となる車両に搭乗中の方が死亡・ケガをされた場合に支払われる保険
補償内容 治療や休業傷害、逸失利益などの実際の損害額に対して、保険会社の約款に定める基準に沿って契約金額を限度に保険金が支払われます。 死亡、後遺症障害、症状やケガの部位などの状態に応じて定額の保険金が支払われる。


人身傷害保険は、契約する車両に乗られている方が負傷、または死亡された場合に保険金を受け取ることができる搭乗者保険と合わせてプランを組むケースが多いです。他の保障内容と重複する場合があるので、省略することもできます。保険料を安くする場合は、この人身傷害保険は補償から外しておくという選択肢もあります。
 

人身傷害保険の補償範囲

  契約車両に乗っていて事故で死傷 契約車両以外の車に乗っていて死傷 歩行中などの自動車事故に巻き込まれ死傷
人身傷害保険
(実損払)

ドライバーを含む
搭乗者全員

記名被保険者と
その家族のみ

記名被保険者と
その家族のみ
搭乗者保険
(定額払)

ドライバーを含む
搭乗者全員
× ×


相手が任意保険に加入していない(無保険者)の場合は、自賠責保険の範囲でしか補償されない可能性が高いのに対し、人身傷害保険はそういった場合でも不足分を全額補償してもらえます。

 

人身傷害保険の特徴

 ・示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取ることができる

 ・実際にかかった損害額を補償してもらえる

 ・歩行中など、車に乗っていないときの事故も補償される

 ・単独事故も補償される(ガードレールの追突での損害など)

 

【豆知識】
事故が起こった場合に、契約した車両に特に問題なければ、自動車保険の等級割引きは下がりません。


人身傷害保険に加入していれば、ご自身と、その家族が不運にも自動車事故に巻き込まれてしまった場合に、金銭面で、ほぼ全額の救済をしてくれる大いに助かる心強い保険となるでしょう。