運転ミスによる自損事故

自損事事故保険(特約)は、自損事故(運転者の過失100%の単独事故)を起こした時に運転者、同乗者、車の所有者が死傷(死亡・ケガ)した場合。
自賠責保険では、事故相手がいてはじめて適用される保険なのに対し、任意保険の対人賠償保険に加入さえしていれば自動で付帯する保険(特約)です。


自動車の走行中、ハンドルミスなど操作ミスでガードレールや壁、塀、柱などに衝突などという単独事故は同乗者は自賠責保険で補償されることになります。


ですが、運転者は自賠責保険の補償対象外となりますので、この場合に保険金が支払らわれないため、治療費をカバーするために任意保険の『自損事故保険(特約)』に加入が必要になってくるのです。


この補償があれば、運転ミス・操作ミスによる相手のいない事故だけではなく、自分自身に100%の過失がある場合があり、例え、それが相手がいる事故においても保険金は支払われます。


但し、金額は無制限ではなく、死亡後遺症障害の場合の限度額は1500万円、後遺症障害保険金50万円から2,000万円、怪我による入院・通院の場合は100万円までが限度と決められています。


自損事故で、ご自身が大怪我をされる可能性は運転している限りゼロではないので、任意保険の加入は、とても重要なことになってきます。

 

【参考】自損事故保険(特約)の保険金が支払われないケース
・被保険者の故意による傷害
・「無免許、酒酔い、麻薬服用中」などの状態で運転して起こした事故のうち、その運転者の傷害
・地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮などの自然災害によって生じた損害
・戦争、暴動によって生じた傷害
・被保険者が適当な権利を有する者の承認を得ないで被保険自動車搭乗中の傷害
・自動車修理業者が業務として被保険自動車を受諾している間に、被保険者に生じた傷害など

 

保険金が支払われない条件は、各自動車保険会社によって異なる場合があるので、必ず事前に確認しておきましょう。自動車保険の一括見積もりが、とても便利です。
 

【関連記事】自損事故保険の必要性