【ドライバー保険】自動車保険について

ドライバー保険とは

ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)とは、マイカーを所有していない方や、ご友人やレンタカーを借りる場合に、通常の自動車保険は所有している車にかける保険なのに対し、ドライバー保険は契約するドライバーにかける自動車保険なのです。


既知の方も多いですが、ドライバー保険には、自動車を所有しておらず、日常は車の運転はしないけれど家族旅行や引越し、その時だけの送り迎え、仕事の都合などの場合に有効な保険になります。


まず、ドライバー保険といっても、全ての場合に保険料が安価で済む、という訳ではなく、『1日だけ』とか『数日単位の短期』にドライバー保険を適用させようと思えば保険料が逆に割高になってしまうことになります。


ですから、この場合は、使用目的に合った車が選べる『レンタカー』が、最も妥当だと言えるでしょう。レンタカーの場合は、任意保険に既に加入済みであることから、安心して運転することができます。

 

自動車を所有しておらず、普段は車を運転しないけれど、知人・友人や親戚など親しい間柄の関係の人から少しの間だけ車を借りたい、など、頻繁に車を借りる、ということもあるでしょう。こういった場合に、ドライバー保険は効力を発揮します。

 

ドライバー保険の注意点
この保険の注意しなければいけないところは、親族所有の車や、会社(法人)名義の自動車・業務中の事故は補償されません。


つまり、記名被保険者が、勤務先の所有する自動車を業務のために運転した際に起こした人身傷害事故・賠償損害は保険金が支払われません。

また、同居している親が所有する自動車で事故を起こした場合も、ドライバー保険ではなく、その車で加入している自動車保険が適用されます。


ちなみに、車をすでに所有していて、他人の車を運転する機会があるという場合には、自動車保険には通常、『他車運転特約』という特約が付帯れています。他人に車を運転していて、事故が起こった場合は、この特約が適用されますので安心ですね。