バイク用の任意保険

通常、バイクの購入と同時に自賠責保険に加入する形になるのは自動車でも同じですが、それとは別に強制加入の必要のない任意のバイク保険があるのをご存知でしょうか?以下の場合、自賠責保険のみでは補償はされませんので注意が必要です。
 

・対人賠償責任が自賠責保険によって補償できる範囲を超えてしまった
・物損事故を起こした(相手のバイクやガードレールなど)
・運転者本人が負傷した
・自身が所有するバイクの故障


バイク用に任意で加入する自動車保険をバイク保険などと通称で呼ばれています。任意のバイク保険では、自賠責保険にはない様々な補償があります。

自賠責保険は、車両事故が起きた際に被害者側が死傷した場合に起きる賠償責任を担う保険制度ですので、ご自身の怪我や車両の破損等は補償の対象になりません。自賠責保険で補償されないものに関しては任意保険によってカバーをします。


バイク任意保険は、対人賠償保険にて自賠責保険のさらなる補償額が上乗せできるほか、対物賠償や搭乗者損害保険などを兼ねていますのでバイク保険であらゆる補償が適用されます。
 

もし、交通事故が起こってしまったら、自動車とバイクのリスクは同乗者がいるかいないか、もしくは、車両の値段ぐらいですが、バイクのドライバー本人は身体をむき出しにして走行していることから、実は転倒・衝突事故のダメージの事を考えるとリスクはとても大きいのです。


しかしながら、自動車に関しては任意保険に加入している場合がほとんどですが、バイクの場合となると、自賠責保険のみの加入というケースが目立ちます。バイクで交通事故を起こされた時の大きなリスクは自動車と比べると大差ないですので運転者のマナーの一環として自賠責保険とバイク保険の加入をお薦めいたします。


また、バイク保険の場合は、等級や車種、補償内容や各社のサービス内容は違いはありますが、大体、年間1万円~3万円と自動車保険に比べれば格安ですので万が一の備えがあれば安心です。


バイクを所持しておられて任意のバイク保険が未加入でしたら是非、保険料の一括見積もりで比較されてみてはいかがでしょうか?