年式の古い車に車両保険をつけるには

レストアして購入した年式の古い自動車や、家族や知人から譲ってもらった愛車を所持しているという方も多いですが、この場合の車両保険にについては、いつ買い換えても良いぐらいの場合ですと、通常、年式の古い車でも、車検を通して公道を走れる状態の車であれば、約10~15万円の評価が得られ、車両保険の契約自体は付帯することは可能です。
 

ですが、愛着があって、この先も長く乗り続けたいという際(実際の時価より高く取引されて車自体の価値が上がっている場合)は、故障や不具合が起こるリスクが高い上に、レアな部品の手配に時間が掛かる、修理費用の割増などの不利益が生じ、修理期間にも影響することになります。
 

これを、車両保険で賄うとなれば、保険会社も引き受けるのに慎重にならざるを得ないでしょう。こうなると、どうしても保険料が割高になってしまったり、場合によっては車両保険には入れない可能性もでてきます。

ですが、車両保険に入った方が助かることも多いので根気よく加入できる自動車保険会社を探す必要があります。
 

仮に、車両協定価格が10万の場合でも修理支払限度額で50万という設定が可能ですので、こういう場合は、国内大手損保や外資系保険で引き受けてくれたりしますので、そういった保険会社を選択すると良いでしょう。
 

その際、年間の保険料は、車両保険を付帯する事によって大幅に上がります。また、他の割引き(防犯装置や安全装置、エコロジー割引き特典)が受けられないといったことがあります。

 

車両協定価格とは
加入する車を契約期間中に加入する車の価格を一定の基準に定めるもの。全損時の支払額にもなる

修理支払限度額とは
加入した車の事故時の修理代の限度額

 

自動車保険の見積りで、自身の自動車の年式が古いけれど、事故を起こした後も修理して乗り続けたいと思っていらっしゃまいましたら契約方法は十分に考えましょう。