車が水没した場合の補償

自動車が水没する事実だけを想像するとイメージしにくいですが、台風やゲリラ豪雨、洪水、土砂災害など、道路や駐車場に冠水の被害によって水没したり車が流されたりと、非現実的な出来事ではないのです。


まさに、これからの梅雨の季節に向けて、集中豪雨など特定の地域に集中されている傾向にありますので特定の地域にお住まいの場合は補償がどこまで適用されるのか?この機会に一度、見直してみてはいかがでしょうか?


さて、この水を原因とする自動車のダメージは想像以上に大きく、たまたま自動車の停車中に突然の豪雨でものの数時間で水没してしまった例は少なくありません。


車体の下半分が浸水しただけで車内のシートなどのクリーニングは相当な被害になりますし、エンジンなどの動力部分にまで水害がおこれば、バッテリーのショートやエンジンの停止などで最悪の場合は全損ということも起こりうるのです。


そんなときのトラブルに備えて、任意自動車保険の車両保険が力を発揮します。車両保険については、こちらを参照。


『車両保険』に加入することで、もしもの洪水など水害の際にも新しい車の買い替えの際にかかる費用、もしくは、修理やクリーニングなどの費用など被害額に応じて『車両保険』でカバーすることになります。


任意自動車保険の場合は、保険会社によっては車両保険では水害の対象にならない場合もありますので、よく確認しておく必要があります。場合によって補償プランの追加など手続きが必要になる場合があります。


加入契約更新や、変更手続きの際に、自動車保険の見積りも視野に入れ、水害など補償があるかどうかの事前に調べるよう、自動車保険会社を見極めて加入するよう慎重に選択すると良いでしょう。