『月刊自家用車』が「カーライフ災害対策マニュアル」を特集

『月刊自家用車』6月号

『月刊自家用車』が東日本大震災を受けて「カーライフ災害対策マニュアル」を特集している。生産・販売の現状、いま新車を買うときの注意点、災害時の自動車保険と諸手続き、大震災で変わるカーライフ、緊急時の行動、車載GOODS、もしものときのカーメンテ---、と、『月刊自家用車』ならではの内容だ。

新型車情報が気になる向きには、トヨタ『プリウスアルファ』とホンダ『フィットシャトル』との、比較実力検証を行なっている。

気になる記事...●次世代トヨタハイブリッドを示唆!? LF-Gh●次期インプレッサ/ティーダ●夏 国産車&輸入車オールアルバム(別冊)●義務化されたJC08モード、これって何?どう変わる?●カーライフ災害対策マニュアル
(5月1日レスポンスより)


これから、車の購入を考えている人に朗報。『月刊自家用車』6月号が新車購入に向けて、買ってから損しないエコカーの選び方など18車種を解説している。

これまで、意識に薄い部分だった災害時の自動車保険と諸手続きのマニュアルは興味深い内容になっています。


カーライフ災害対策マニュアル「あなたはそのときどうする?これからどうなる?」

・納期・生産再開、新車販売の現状 ・いま新車を買うときの注意点 ・災害時の自動車保険 ・災害時のクルマの諸手続 ・大震災で変わるカーライフ ・緊急時の行動と情報収集 ・災害用車載GOODS ・もしものときのカーメンテ など、自動車保険の情報も多く記載されている。