【アクサ損保保険】GPSナビアドレス変更

アクサ損害保険株式会社はこのほど、「アクサダイレクト総合自動車保険」の契約者を対象にした、アクサダイレクトGPSナビサービスのアドレスを変更したと発表した。同社は利用者に対して、新しいバーコードの読み込みとブックマークの登録を呼びかけている。

アクサダイレクト総合自動車保険には、事故や故障時などに対応するアシスタンスサービスが付帯し、GPSナビサービスはその出動場所の特定を行うシステム。携帯電話のGPS機能を利用した「GPS位置情報通知システム」が利用されており、正確な出動場所の特定が可能となっている。

GPS機能を搭載していない携帯電話でも、基地局の位置情報を送信することで出動場所を特定が可能。また、携帯電話番号を登録すると着信時の自動検索システムを使用して、契約内容照会に関する時間を短縮できる。

対応機種は、NTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアが2005年春以降に販売した機種(スマートフォンなど一部機種を除く) 
(2011年5月6日マイコミジャーナルより)


現在、【アクサ損保保険(アクサダイレクト)】を利用されている方には、利用者全員に知らせたい情報となっています。

また、携帯電話番号を登録することで契約内容の照会できること自体も知らなかった方も多いのではないでしょうか?

そもそも、GPS機能を搭載していないからサービス自体が無意味だと思っていらした方も多いのではないでしょうか?このような細かいサービス情報は、言われなければ気付かないケースも多いので、自動車保険の改定情報や、各社のサービスはきちんと整理して加入したいものです。