自動車保険の種類

自動車保険には、さまざまなサービスがあり、ロードサービスや施設割引クーポンといった、自動車保険会社独自のサービスが目立ちますが、実際に、比較してみる基準をどうするか?

基本の補償内容は以下の通り。
自動車保険の主な種類を理解する必要があります。
 

対人賠償責任保険 他人を死傷させて自賠責保険の限度を超えた場合に適用される保険。
対物賠償責任保険 他人の自動車や物に損害を与えたとき
人身傷害補償保険 乗車中の人が死傷した場合や、契約者以外の他の車に乗車中や歩行中の事故で死傷した場合
搭乗者傷害保険 乗車中の人が死傷した場合に適用
車両保険 事故により契約している車が壊れた場合など。事故だけではなく盗難やいたずら、らくがき、水没などで車が壊れた場合に適用


このような、自動車保険の種類は大きく5つに分けることができる。
それぞれの補償内容をもとに、補償される金額が設定されていますので、自身に合った補償を選んでいくと、個々によって保険料が大幅に違ってくるのです。

補償額や年齢条件、運転者限定条件や車種も等級使用目的、走行距離など条件を統一して保険料や自動車保険各社の独自サービスを考慮することによって、はじめて自動車保険の比較を実行し、自分に合った自動車保険を知ることができるのです。

対人対物は高額賠償に備えて無制限。
人身傷害補償は過失割合に関係なく支払われるので3,000から5,000万円が平均。
など、ある程度は各社も適当と思われる案件を出してくるので比較する内容をある程度、把握しておくと整理しやすいですね。