年間走行距離で決まる

自動車保険は、これまで走行距離に関係なく保険料が算出されていましたが、今はリスク細分型という、車の走行距離による事故のリスクが重視されるようになりました。


例えば、専業主婦で車で5分の場所へ3日に1度の頻度で運転する人と、毎日、通勤で隣の市まで1時間かけて通勤する人。両者が同じ年令、同じ保障条件で同じ保険料では、あまりにも不公平ではなか?


そこで、リスクが少ない分、保険料を低くする自動車保険が多くなりました。年間走行距離が短い方が、より事故になるリスクが少なくなるため保険料が低くなるのです。


このことから、年間走行距離を意識すると自動車保険の見直し&比較が重要になってきます。なぜなら、自動車保険の各社が、それぞれの方法で走行距離と保険料を算出しているわけですから、一括見積もりによって、自分に合った自動車保険の見直しができるというわけです。