事故・盗難用の安全装備をつける

自動車に安全装置を付けているかどうかでも保険料は安くなります。事故用の安全装置が付いていることで、事故が起こったときに受ける衝撃の強さによってケガの程度も変わってくることから保険料の費用も安く抑えることができます。


安全装置によって、ケガが軽く済めば、その分、保険会社が支払う費用も低く抑える事ができるため保険料も下がるシステムです。これには、エアバックやABSなど、たくさんの種類があります。


防ぐことができる怪我に、極力備えておきたいところですので、よく考えて安全装置をつけることをおすすめします。


四輪操舵&後輪操舵システム ・アクティブサスペンション・アクティブヨーコントロールシステム・スタビリティコントロールシステム(VSC,ASCなど) ・衝撃吸収ボディ/高強度キャビン・運転席・助手席SRSエアバッグ・サイドエアバッグ・シートベルトプリテンショナー・エネルギー吸収シートベルト・衝撃感知式ドアロック解除・ブラインドコーナーモニター・車線逸脱警告システム・後側方モニター・挟まれ防止機構付きパワーウィンドウ・ふらつき運転検知機能・車間距離自動制御・ナビ協調シフト制御・むち打ち症軽減ヘッドレスト・ISO−FIX対応チャイルドセーフティシート・カーテンエアバッグ