エコカー割引制度とは?

エコカーとは、低公害車(ていごうがいしゃ)の通称であり、ガソリンを消費して発生する排気ガスの大気汚染物質(窒素酸化物や一酸化炭素、二酸化炭素など)大気中へ放出する率が低く、環境へ負荷が少なく、通常の自動車よりが燃費も低いのが特徴です。

主に、電気自動車、圧縮空気車及びハイブリット自動車、圧縮天然ガス(CNG)自動車メタノール自動車など。
低公害車の認定を受けた自動車は、税制面優遇される特典をもつ。

経済対策と環境対策のために、低公害車の普及を促進するよう、低公害車の購入について補助を行う国が増えている。

・グリーン化税制 - 新車登録から13年(ディーゼルは11年)経過した自動車の自動車税を10%加算するというもの。程度や性能の差にかかわらず規定の年数を経過すれば問答無用で税率が加算されるため、環境対策ではなく経済対策であると指摘される。
・低排出ガス車認定制度
・エコカー減税
・環境対応車への買い替え・購入に対する補助制度

地球環境にやさしい自動車を任意自動車保険に加入する場合は、「エコカー割引」という制度が適用されて保険料が安くなります。

これらの新車を購入の際には、ハイブリッドカーや電気自動車といったエコカーは、普通車と比べて、どのくらい保険料が安くなるのか?その差額を一括見積もりのサービスを使って比較してみるのも、後に掛かかってくるガソリンで走るコストランナーや自動車税などトータルで維持費経費の算出の参考になります。