借りた自動車が事故

ご自分の愛車には、年齢条件や運転者の人数を制限したり、自分に合ったプランに加入していることから、安心して運転をすることができます。

ところが、知人の車など他人が所有する車を運転する場合はどうでしょうか?
運転中に事故にあった場合は、補償される保険会社は、通常では「その事故車を保有している方」の加入している自動車保険が適用されます。


ただ、この場合は、翌年になって支払う保険料が事故を起こした本人ではなく、事故車の所有者の等級が大幅に上がってしまい、その分、保険料もアップします。直接、事故を起こしたわけではないので、理不尽な結果となるわけです。

その事故を起こした本人にしてみれば、非常に申し訳ない気持ちになることでしょう。親しい関係が壊れたり、金銭的な問題でトラブルになりかねません。

こんな時の補償として「他車運転危険担保特約」という特約を付帯しておけば、ご自分が加入している自動車保険を優先して損害賠償を保険会社から支払ってもらうことができます。

他の方の自動車を運転する機会が多い方には、ご自分も安心して運転できる、うってつけの特約となっていますので、借りた自動車で事故を起こしてしまっても所有者にかかる負担を、随分軽くすることができますので、覚えておいた方が良いですね。