【三井ダイレクト損保】商品改定を実施

三井ダイレクト損害保険は25日、7月1日以降の保険始期契約から、自動車保険の商品改定を実施すると発表した。今回の改定では、ライフスタイルの多様化、自動車販売動向、家族構成などの環境変化を踏まえ、商品内容および割引制度等について見直しを行ったという。

対象商品は、5月1日に発売する「自動車保険(総合自動車保険)」「バイク保険(総合バイク保険)」「eドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)」の3商品。

自動車保険については、運転者を記名被保険者本人のみに限定して補償する「運転者本人限定特約の新設」、運転者年齢条件の適用範囲を縮小する「運転者年齢条件(運転者年齢限定特約)適用範囲の改定」、ECO割引の新設や新車割引の対象車種拡大(自家用軽四輪乗用車を追加)、ABS割引・エアバッグ割引と長期優良割引を廃止する「保険料・料率制度等の改定」などを実施する。

バイク保険では「運転者年齢条件適用範囲の改定」や「保険料・料率制度等の改定」などを、eドライバー保険では「保険料・料率制度等の改定」や「借用自動車の対象範囲の拡大」などを実施予定。

改定内容の詳細は、同社Webサイトにて配布されているPDF資料<「自動車保険改定のご案内( http://www.mitsui-direct.co.jp/download/pdf/car/revise_guide_car.pdf )」「バイク保険改定のご案内( http://www.mitsui-direct.co.jp/download/pdf/bike/revise_guide_bike.pdf )」「ドライバー保険改定のご案内( http://www.mitsui-direct.co.jp/download/pdf/driver/revise_guide_driver.pdf )」で確認できる。(2011年4月25日(月)12:30マイコミジャーナルより)


保険料の比較だけで見ると、新車であれば優遇される保険へとの意識が高くなっているのでは?これまでの長期優良割引やエアバック割引といったものより、借用自動車やエコカーであることが優遇されているのは生活環境の多様化や、個人が自動車1台を所有する時代背景ではない感じなのでしょうか。

若者の自動車離れが懸念されていますが、自動車保険会社も生き残りや時代のニーズに合ったサービスを見直すのは、確実に時代に変化があるからなのでしょうね。

こういった、自動車会社別に新しい保険を出してくる情報は、加入者側にも選択肢が増えるので、大いに活用するべきでしょうね。