事故が起こったら

まず、事故が起こったら誰でも慌ててしまって、冷静な判断ができなくなってしまうものです。しかし、事故の対処法を間違えると二次的な後発事故につながる恐れがあるので、落ち着いて行動しましょう。

 

けが人の救助

まず、人命救助です!
安全な場所に移動し必要に応じて救急車の手配

事故車両の移動

後発事故を防ぐ!
必要に応じて停止板や発煙筒で周囲に事故を知らせる

警察へ連絡

最寄りの警察署へ事故の連絡!
わからなければ「110番」

相手の確認

事故の相手の氏名・住所・電話番号(連絡先)
車のナンバーを控えます。
※運転免許証や車検証などで控える(偽られるケース有)

目撃者の確認

現場で目撃者がいたら氏名や電話番号など連絡先を聞く

事故車の移動

事故車の移動は自己で行う
自走できない場合はレッカー車を依頼する
 


1.大きな怪我は、いち早く治療を受けることで存命率が上がるとされているため、現場を離れるということは絶対にあってはなりません。
けが人を放置、または現場を離れたために「ひき逃げ」に認定されてしまったり、相手に恨みをかうなど、後々のトラブルの原因にもなりかねないため、まず人命救助に努めてください。

2.けが人の救助が終わったら、警察(110番)へ連絡しましょう。状況により、警察から救急や消防など連絡してくれたりします。

3.危険防止(後発事故)のため、事故現場が交差点の真ん中だった場合など、状況に応じて事故車が動くのであれば道路の端に寄せるなどして道路の真中から動かす。
なお、事故車を動かす場合はできるだけ事故現場の状況がわかるように、写真やメモなどを使って状況を記録しておく。

4.事故相手が無事なら、相手の確認をする。

  ・運転免許証(氏名・住所・生年月日)
  ・車検証(車検番号・型式・車のナンバー)
  ・自動車保険の証券(保険会社・証券番号)
  ・連絡先(相手の電話番号、自宅・会社・携帯電話)

最低限、上記のものを控える。
これらをメモすることによって、嘘をつかれたりするおそれがある場合でも相手を突き止めることができます。


保険会社に連絡する

ひと通りの事故処理が終わったら、自分の加入している自動車保険会社へ連絡します。
万一のことを想定して、加入している自動車保険のコールセンター、または、事故受付センターの電話番号など、携帯電話に登録しておくと良いですね。

事故受付の電話では、今後、行うべきことを教えてくれるので、それに従ってください。以降は、保険会社との連絡をとり合って、示談交渉を行っていく流れになります。



 

相手が逃げたら


運悪く、相手が逃げてしまうケースも、悲しいですが存在するのです。
何もできず、逃げられてしまった場合は、「車のナンバー」をメモしましょう!車のナンバーだけでも、かなりの確率で特定することができます。

特に、学生さんや子どもは、運転者による勝手な示談で、少々、当たったぐらいの事故では「なかったこと」にされたりすることがあります。

後に、後遺症やその時に気が付かなかった、物品の破損など、相手がわからないのでは話になりません。

ですので、周囲に子どもがいましたら是非、事故が起こったときの対処法を日頃から、お子さんに伝えてあげて下さい。「最悪、逃げられたら車のナンバーを見ろ!」これだけでも、知ってるのと知らないのとでは、大きな違いになるのです!