運転状況の変化による見直し

自動車保険の加入条件を設定する際は、通常、契約時の生活環境が軸になっています。ところが、生活の変化によって自動車保険の保険料が安くなったり変動によってこまめな見直しをすることによって大幅に安くすることができます。

例えば、等級の上昇によっても保険料が下げられることは既知でしょう。それ以外にも割引が適用されるサービスが多く存在します。
 

車購入の際に割引サービスを追加申請

車を購入してから、デュアルエアバッグやイモビライザーなどの安全装置をオプションで取り付けたり、誕生日を迎えられて、年齢条件が差し引きした場合に保険料を安くすることができるのです。

誕生日は満期更改の時期ではなくても、いつでも設定の変更が申請できるのです。いくつかの事例があるので確認しておきたいですね。


     ・誕生日を迎えて年齢条件を変更する。
     ・割引のきく、安全装置を取り付けた。
     ・車に乗る機会が減った。
     ・運転する人が変わった。
     ・家族と別居した。
     ・同居する家族が増えた。
     ・遠い地域へ引っ越した。
     ・原動機自転車(スクーター)を買った。


など、車を買い換えたときはもちろんですが、その他、転職したら近所で通勤距離が激減した、ドライブする機会が減ったなど走行距離を設定の変更することによっても割引率は高くなります。

また、本土から北海道など離島へ引越しされる場合も、地域料率の変化による割引きなど状況により、こまめに現在の保険料の設定を見直すこともできます。こうすることにより、自動車保険料は大幅に安くすることが実現します。

また、違う自動車保険会社での補償やサポート、サービスなど保険料の差額を比較されてみて、計算した金額を見比べることによって、違いが大変、分かりやすいでしょう。