他人のための賠償保険

任意自動車保険を構成する基本は「他人のための賠償保険」ということになるのですが、事故を起こした相手によって、こちらが負担しなければならない損害賠償額が変わってくるのです。

賠償保険は、他人を死傷させた場合の「対人」、他人の車や家屋など財産を壊した場合の「対物」の二つで構成されています。

「対人」の保険金額は2億円を超えると想定する場合は、通常「無制限」で設定します。無制限になっていても支払われる保険金は、被害を受けた人の状況を加味して算定されますので事故が起きれば無制限に保険金が支払われるということではありません。

また、対物事故では高級品の積荷や家屋への損害などで総損害額が数千万円を超える高額事故も起きています。

この、二つの保険は、予め想定することが不可能であることから保険金は、できる限り高めに設定しておいた方が安心であることには間違いないでしょう。