対人賠償の内容と補償額

自賠責保険の保険金には、慰謝料や逸失利益なども含まれています。ですが、大卒サラリーマンの生涯賃金の平均が2億4千万円といわれていますが、万が一、相手を死なせてしまったら・・?

自賠責保険の補償だけでは、とてもカバーできません。

そこで、自動車保険(任意)が必要になってくるのですが、その補償内容の「対人賠償」は相手のためにも、当然、それを支払う自分のためにも必要な保険となります。

対人賠償とは、他人への補償です。自賠責保険の対人賠償とは、家族(配偶者)も含む他者。任意では、第三者(友人・知人を含む)/生計を共にしない別居の親族(子供含む)となります。

ややこしくなりますが、配偶者や小さなお子さま、生計を共にする別居の子どもなどは「他人ではない」ので対人賠償では補償されないのです。(家族への補償は人身傷害補償などが該当)

例えば、「他人である」友人が、あなたの車を運転して事故を起こし怪我をした場合、加入している自動車保険(任意)の対人賠償では補償されないのです。この場合、友人は搭乗者傷害などから補償を受けることになります。

対人賠償は、加害者となったとき、自賠責保険では補えない分をカバーするわけですから、保険金額に上限を設けない「無制限」が一般的といえます。自賠責保険の死亡時の保険金3000万円では安すぎるという理由からです。

被害者、加害者では立場が大きく違いますが、相手への補償は自分への補償にも繋がります。対人賠償は一般的に無制限の補償をかけておくことが正しい選択ではないでしょうか?