【飲酒運転】自動車保険の適用は?

道路交通法の改正により、飲酒運転への罰則が強化されました。これに伴い、年々減少しているとはいえ、飲酒運転による事故は残念ながら後を絶ちません。

自動車保険には、「免責事由」というものがあり、免責事由に該当する場合、基本的に保険が適用されないことになっています。この免責事由というのは、「飲酒運転」や「無免許運転」などとなります。

つまり、飲酒運転の場合は、運転手が事故により大きな怪我や、命を落としたりしても、搭乗者損害保険や人身傷害補償保険による支払いを受けることができないのです。

運悪く、飲酒運転の車により事故で被害者になった場合、この加害者の自動車保険による補償を受けることができるのか?というと、対人・対物による補償については、全て支払われます。

例え、免責事由があろうとも、飲酒運転だった場合に事故の被害者が補償を受けられないとなると保険が持つ被害者救済の理念から離れてしまうため、飲酒による事故であっても自動車保険(任意保険)の対人・対物賠償については保険金が支払われます。
これと同様に、自賠責保険も被害者に対して保険金が支払われます。

飲酒運転の場合は、自動車保険のほとんどの補償から外れてしまうわけですが、対人・対物だけは補償対象になります。あくまでも、被害者救済のための補償のみ。当然ですが、車両保険は飲酒の場合は対象外ですので、飲酒事故の場合は愛車の修理代は自腹となります。